348 - 飛行時間型質量分析計 (ESI) UHPLC装備

日本電子 JMS-T100LP

  • 予約状況

    予約できません。 × 空きなし。 
    空きがあります。  ほぼ空いています。 

    画像

    設置場所

    住所: 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
    建屋・棟: 理学研究科 J棟
    フロア: オープンスペース 1- 2
  • 利用料金

    依頼分析
    消耗品を用意する必要がある場合は、下記とは別途実費を要する。
    ESI-MS測定・解析 5,092 円(1時間あたり)
    ESI-MS測定 基本料金 6,111 円(1試料あたり)
    LC-ESI-MS測定・解析(8時間まで) 22,407 円(1測定条件あたり)
    同一の測定条件8時間以上となった場合 4,074 円(1時間あたり)

    詳細

    仕様: ■分解能:6,000(FWHM)
    ■イオン化モード:ESI
    ■質量範囲:m/z 6~10,000
    UV検出器付きUHPLC接続可能(マニュアル注入・オートサンプラー注入可)
    ■ Resolution: 6,000 (FWHM)
    ■ Ionization mode: ESI
    ■ Mass range: m / z 6 to 10,000
    Connectable UHPLC with UV detector
    注意事項: ・研究室内の利用が多いため、利用時期や期間を事前に要相談
    ・利用予定2週間前までに担当者まで連絡して下さい。
    ・初回利用時に機器操作説明を受けて下さい。
    ・機器操作技術指導料、測定条件検討料金は別途相談
    ・LC-MSとして使用する際の移動相には、ギ酸もしくは酢酸アンモニウムのみ添加可。
     LC条件の提示および分析カラムの持ち込みをお願いする場合があります。

    ・ Because there are many uses in the laboratory, consultation is required in advance on the time and period of use.
    ・ Please contact the person in charge at least 2 weeks before the scheduled use.
    ・ Please receive instrument operation explanation at the first use.
    ・ Consult us separately for equipment operation technical guidance fee and measurement condition review fee.
    ・ Only formic acid or ammonium acetate that can be added to the mobile phase when used as LC-MS.
    You may be asked to present LC conditions and bring in an analytical column.

    基本情報

    機器番号: 348
    機器状態: 利用可能
    カテゴリー: 03.質量分析
    機器担当者: 三宅 ゆみ、平山 里実
    機器部局: 理学研究科

PageTop