203 - NMR (400MHz 溶液・固体) JEOL ECA

日本電子 ECA400WB 理-C112

  • 予約状況

    予約できません。 × 空きなし。 
    空きがあります。  ほぼ空いています。 

    画像

    設置場所

    住所: 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
    建屋・棟: 理学研究科 C棟
    フロア: 1F C112
  • 利用料金

    依頼分析
    測定・解析
    10,185 円(1時間あたり)
    (別途実費)消耗品費
    (別途)試料調製費 5,092 円(1試料あたり)

    詳細

    概要・性能: ・広温域HXMAS/VTプローブに装着することでこれまで測定出来なかった
    15N 以下の低周波数核の測定が可能
    主な観測核:14N・15N・25Mg・33S・35Cl・43Ca・47Ti・49Ti・97Mo
    ・主な観測核:35Cl, 33S, 14N, 43Ca, 25Mg, 47Ti, 49Ti

    ※光照射NMRシステムの導入
    【説明】
    サンプルに波長265nm, 280nm, 365nm, 405nm, 420nm, 450nm, 565nmの光を照射しながら溶液NMR測定をすることが可能です。
    通常のNMRサンプルチューブ内にマイクロチューブを差し込み二重管作成し、その内部に光ファイバーを通し光を照射します。
    光照射によるサンプルの反応・経時変化などを測定することができます。

    By attaching to a wide temperature range HXMAS / VT probe, it is possible to measure low-frequency nuclei below 15N, which could not be measured before.
    Main nuclei: 14N · 15N · 25Mg · 33S · 35Cl · 43Ca · 47Ti · 49Ti · 97Mo
    仕様: ・固体プローブ
    4mm JEOL HXMAS Probe
    最大回転数:18kHz
    測定温度:-100℃~150℃
    5 mm Doty WL solid probe nospin
    測定温度範囲:-10ºC - 150ºC
    8 mm JEOL HXMAS probe(29Siバックグラウンドフリー)
    最大回転数 ≤ 8 kHz
    測定温度範囲:室温

    ・半固体プローブ
    4 mm H/X FGMAS probe
    S/N比:1H ≥ 90:1
    最大回転数 ≤ 9 kHz ( Kel-Fキャップ)、≤ 18 kHz (Vespelキャップ)
    測定温度範囲: 室温 - 50ºC

    ・溶液プローブ
    5 mm JEOL 40TH5AT/FG2WB Probe
    S/N比:1H ≥ 220:1 13C ≥ 180:1
    測定温度範囲:室温 ~ 100 ºC

    ・Solid probe
    4mm JEOL HXMAS Probe
    Maximum speed : 18kHz
    Measurement temperature : -100℃~150℃
    5 mm Doty WL solid probe nospin
    Measurement temperature range: -10℃ - 150℃
    7 mm Doty H/X CPMAS solid probe
    Maximum speed ≤ 7 kHz
    Measurement temperature range: room temperature - 150℃

    ・Semi-solid probe
    4 mm H / X FGMAS probe
    S/N ratio : 1H ≥ 90: 1
    Maximum speed ≤ 9 kHz (Kel-F cap), ≤ 18 kHz (Vespel cap)
    Measurement temperature range: room temperature - 50℃

    ・Solution probe
    5 mm JEOL 40TH5AT/FG2WB Probe
    S/N ratio : 1H ≥ 220:1 13C ≥ 180:1
    Measurement temperature range: room temperature - 100 ℃


    ※本装置利用による成果物(論文等)を出される場合は、下記の謝辞記載例を参考に謝辞記載をお願いします。

    When the data obtained by this instrument to submit to an official publications (e.g. journal etc.) , please write an acknowledgement it refer to following examples.
    資料: 謝辞記載例.pdf

    基本情報

    機器番号: 203
    機器状態: 利用可能
    カテゴリー: 01.核磁気共鳴(NMR)
    機器担当者: 平山 里実、戸所 泰人、稲角 直也
    機器部局: 理学研究科

PageTop