212 - タンデム四重極-飛行時間型質量分析計 (ESI)

Bruker daltonics MicrOTOF-QII

  • 予約状況

    予約できません。 × 空きなし。 
    空きがあります。  ほぼ空いています。 

    画像

    設置場所

    住所: 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
    建屋・棟: 理学研究科 D棟
    フロア: 1F D103
  • 利用料金

    依頼分析
    測定・解析
    9,166 円(1時間あたり)
    ただし、試料前処理を必要とする場合は、別途処理費を要する。

    詳細

    概要・性能: 低分子から高分子 (タンパク質など)の質量を測定できる。
    ナノ LC とオンラインで直結しており、分析部は四重極型と飛行時間型に対応するハイブリッド方式。
    LC-MS/MS が高精度・高速で行うことができ、種々の生体分子などの分析に
    幅広く利用できる。

    The mass ranging from small molecules to large molecules (proteins, etc.) can be measured.
    It is directly connected to Nano LC online, and the analysis section is a hybrid system that supports quadrupole and time-of-flight types.
    LC-MS / MS can be performed with high accuracy and high speed, and can be widely used for analysis of various biomolecules .
    仕様: ・測定可能 m/z 範囲:10 - 40,000
    ・分解能:10,000 程度
    ・その他アタッチメント:ナノUPLC

    ・ Measurable m/z range: 10-40,000
    ・ Resolution: about 10,000
    ・ Other attachments: Nano UPLC


    ※本装置利用による成果物(論文等)を出される場合は、下記の謝辞記載例を参考に謝辞記載をお願いします。

    When the data obtained by this instrument to submit to an official publications (e.g. journal etc.) , please write an acknowledgement it refer to following examples.
    資料: 謝辞記載例.pdf
    注意事項: 初回利用前に利用講習会の受講の必要性あり

    Attending the training class before the first use is mandatory

    基本情報

    機器番号: 212
    機器状態: 利用可能
    カテゴリー: 03.質量分析
    機器担当者: 伊藤 彰厚、平山 里実、戸所 泰人
    機器部局: 理学研究科

PageTop