213 - タンデム四重極-飛行時間型質量分析計 (ESI) HPLC装備

Bruker micrOTOF-QIII compact

  • 予約状況

    予約できません。 × 空きなし。 
    空きがあります。  ほぼ空いています。 

    画像

    設置場所

    住所: 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
    建屋・棟: 理学研究科 G棟
    フロア: G311 
  • 利用料金

    依頼分析
    測定料金(時間料金)+ データ解析・報告書作成料金(サンプル料金)
    9,790 円(1時間あたり)
    2,200 円(1試料あたり)
    ただし、消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。

    詳細

    仕様:
    ・測定可能 m/z 範囲:10 - 40,000
    ・最大分解能:30,000 程度(常用 10,000 程度 @ m/z 400)
    ・その他アタッチメント:コンベンショナルLC

    ・ Measurable m/z range: 10-40,000
    ・ Maximum resolution: approx. 30,000 (normal use approx. 10,000 @m/z 400)
    ・ Other attachments: Conventional LC


    ※本装置利用による成果物(論文等)を出される場合は、下記の謝辞記載例を参考に謝辞記載をお願いします。

    When the data obtained by this instrument to submit to an official publications (e.g. journal etc.) , please write an acknowledgement it refer to following examples.
    資料: 謝辞記載例.pdf
    注意事項: 装置利用講習を受講が必要
    初回利用講習は適宜日程調整の上対応します(留学生向けの英語講習も可)。また、講習直後の不慣れな時の立ち合いについても、事前に連絡を貰えれば日程調整の上対応します。
    利用前に必ず深瀬研・真鍋先生(manabey12@chem.sci.osaka-u.ac.jp)と日程調整を行う事。

    Attending the training class before the first use is mandatory.
    The first use course will be prepared after adjusting the schedule as appropriate (English courses for international students are also possible). In addition, if you are inexperienced immediately after the course, we will adjust the schedule if you contact us in advance.

    The user should contact to Manabe-sensei (manabey12@chem.sci.osaka-u.ac.jp) to adjust a schedule before booking.

    基本情報

    機器番号: 213
    機器状態: 利用可能
    カテゴリー: 03.質量分析
    機器担当者: 真鍋 良幸、伊藤 彰厚、平山 里実、稲角 直也
    機器部局: 理学研究科

PageTop