214 - リニアイオントラップ-Orbitrap型質量分析計 (ESI・DART) nano-UPLC装備

Thermo Fisher Scientific Orbitrap XL

  • 予約状況

    予約できません。 × 空きなし。 
    空きがあります。  ほぼ空いています。 

    画像

    設置場所

    住所: 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-2
    建屋・棟: 文理融合型研究棟(豊中)
    フロア: 3F 301
  • 利用料金

    依頼分析
    測定・解析 ◆時間料金/1時間 + ◆基本料金/1試料
    12,222 円(1時間あたり)
    2,037 円(1試料あたり)
    消耗品を用意する必要がある場合は、別途実費を要する。※依頼分析は内容により、お受けできない場合があります。

    詳細

    仕様: 測定可能なm/zのレンジ:10 - 4,000
    最大分解能:100,000 (@ m/z 400、FT 測定時)
    質量精度:±0.0005 (@ m/z 400、FT 測定時)

    その他アタッチメント:nano-UPLC
    …MSとMS/MSのパラレル分析が可能
    DARTイオン源
    …低分子量向きのアタッチメント、スループット性が高く多検体分析に向く

    Measurable m/z range: 10-4,000
    Maximum resolution: 100,000 (@ m/z 400, during FT measurement)
    Mass accuracy: ± 0.0005 (@ m/z 400, during FT measurement)

    Other attachments: nano-UPLC
    … MS and MS / MS parallel analysis possible
    DART ion source
    ... Low molecular weight attachment, high throughput, suitable for multi-analyte analysis


    ※本装置利用による成果物(論文等)を出される場合は、下記の謝辞記載例を参考に謝辞記載をお願いします。

    When the data obtained by this instrument to submit to an official publications (e.g. journal etc.) , please write an acknowledgement it refer to following examples.
    資料: 謝辞記載例.pdf

    基本情報

    機器番号: 214
    機器状態: 利用可能
    カテゴリー: 03.質量分析
    機器担当者: 伊藤 彰厚、平山 里実、戸所 泰人
    機器部局: 理学研究科

PageTop