221 - 電子スピン共鳴装置

日本電子 JES-FA200

  • 予約状況

    予約できません。 × 空きなし。 
    空きがあります。  ほぼ空いています。 

    画像

    設置場所

    住所: 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
    建屋・棟: 理学研究科 G棟
    フロア: B1F 007
  • 利用料金

    依頼分析
    測定・解析
    8,250 円(1時間あたり)
    (別途)試料調製費 11,000 円(1試料あたり)

    詳細

    仕様: マイクロ波ユニット:基準周波数 8.75~9.65 GHz
    電磁石:磁場可変範囲 -10~1300 mT
    空洞共振器(キャビティー):共振モード TE円筒型
    温度可変ユニット:液体ヘリウム温度可変 2.5~400 K
             液体窒素温度可変 103~473 K
    アタッチメント:単結晶試料用単軸ゴニオメーター
            電気化学的酸化還元試料管
            水溶液用試料管

    Microwave unit : Reference frequency 8.75 to 9.65 GHz
    Electromagnet : Variable magnetic field range -10 to 1300 mT
    Cavity resonator (cavity) : Resonance mode TE cylinder type
    Variable Temperature unit : Variable Temperature Liquid Helium 2.5  400 K
    Variable Temperature Liquid Nitrogen 103473 K
    Attachment : Single axis goniometer for single crystal sample
    Electrochemical redox sample tube
    Sample tube for aqueous solution


    ※本装置利用による成果物(論文等)を出される場合は、下記の謝辞記載例を参考に謝辞記載をお願いします。

    When the data obtained by this instrument to submit to an official publications (e.g. journal etc.) , please write an acknowledgement it refer to following examples.
    資料: 謝辞記載例.pdf
    注意事項: 使用日の1週間前までに予約必要
    自主分析について初めて利用される方は、必ず使用方法等の技術指導を受けてください。初回技術指導の料金は1回5000円とします。2回目以降も同様に技術指導が必要な場合は、1回につき10000円が加算されます。
    装置の仕様を変更する必要がある場合は、調整費として1回につき別途3000円を要するほか、液体ヘリウムを用意する必要がある場合は、液体ヘリウム使用料として別途3000円/Lを要する。また、液体窒素を用意する必要がある場合は、液体窒素使用料として別途100円/Lを要する。
    試料管は原則的に測定者が準備

    Reservation is required at least one week before the use day.
    If you are new for independent analysis, make sure to receive a technical guidance on how to use it. The fee for the first technical guidance is 5000 yen once. Similarly, if technical guidance is required for the second and subsequent times, 10,000 yen will be added each time.
    If it is necessary to change the specifications of the device, an adjustment fee of 3000 yen is required for each adjustment. If liquid helium is required, a liquid helium fee of 3000 yen/L is required. In addition, if it is necessary to prepare liquid nitrogen, a separate 100 yen/L is required as a liquid nitrogen usage fee.
    The sample tube is prepared by the measurer in principle.

    基本情報

    機器番号: 221
    機器状態: 利用可能
    カテゴリー: 04.電子スピン共鳴(ESR)
    機器担当者: 平尾 泰一、平山 里実、稲角 直也
    機器部局: 理学研究科

PageTop