223 - フーリエ変換赤外分光光度計(赤外顕微鏡付)

日本分光 FT/IR 6100

  • 予約状況

    予約できません。 × 空きなし。 
    空きがあります。  ほぼ空いています。 

    画像

    設置場所

    住所: 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
    建屋・棟: 理学研究科 C棟
    フロア: 2F c227
  • 利用料金

    依頼分析
    測定
    10,185 円(1時間あたり)
    (別途)冷却・加熱測定 10,185 円(1時間あたり)

    詳細

    概要・性能: 測定波数範囲:7800-350 cm-1、最高分解能:0.5 cm-1
    ソフトウェア:JASCOスペクトルマネージャVer.2
    クライオスタットを装着することで室温から極低温(約5 K)までの範囲で測定ができる(固体)。
    加熱セルにより室温から500℃までの測定も可能です(錠剤やヌジョール法)。
    測定はKBr錠剤やヌジョール法、フルオロリューブ等で測定できる。
    またATRを用いた測定もできる(液体、固体)。偏光測定も可能です。
    高感度反射測定(RAS)により金属基板上の薄膜も測定できる。

    赤外顕微鏡を搭載したことで、微小領域(μmオーダー)の測定が可能。
    イメージング(面分析)で試料の分布状態を可視化できる。
    ・金属基板上に形成した薄膜
    ・異物分析
    ・薄片化(10μm程度)した多層フィルム
    DLATGS検出器:冷却用液体窒素が不要で、MCTでは検出できない低波数(-400cm- 1)までの測定ができる。
    顕微ATR(Ge):マクロATR測定ではできない、微量試料でも測定できる。基板等の透過測定ができない試料の表面測定にも対応できる。
    ダイヤモンドセル:顕微鏡下で透過測定をする時に試料を薄くのばすことができる。

    Measurement wave number range: 7800-350 cm-1, Maximum resolution: 0.5 cm-1
    Software: JASCO spectrum manager Ver.2
    Cryostat can be installed to measure from room temperature to very low temperature (about 5 K) (solid) ).
    Measurements from room temperature to 500° C are possible using a heating cell (tablet and Nujol method).
    Measurements can be made with KBr tablet, Nujol method, fluorolube, etc.
    Measurement using ATR is also possible (liquid, solid). Polarization measurement is also possible.
    A thin film on a metal substrate can also be measured by highly sensitive reflection measurement (RAS).

    By mounting an infrared microscope, it is possible to measure a very small area (μm order).
    The distribution state of the sample can be visualized by imaging (surface analysis).
    ・ Multi-layer film DLATGS detector with thin film, foreign matter analysis, and thinning (about 10μm) formed on a metal substrate : Liquid nitrogen for cooling is unnecessary, and it can measure up to low wave numbers (-400cm-1) that cannot be detected by MCT .
    Microscopic ATR (Ge): It is possible to measure even a very small amount of sample, which is not possible with macro ATR measurement. It can also be used to measure the surface of a sample that cannot be measured for transmission through a substrate.
    Diamond cell: The sample can be thinned when measuring transmission under a microscope.


    ※本装置利用による成果物(論文等)を出される場合は、下記の謝辞記載例を参考に謝辞記載をお願いします。

    When the data obtained by this instrument to submit to an official publications (e.g. journal etc.) , please write an acknowledgement it refer to following examples.
    資料: 謝辞記載例.pdf
    注意事項: 初回利用時は測定内容、希望日時について事前に連絡をしてください。初回講習を行います。依頼分析は予約前に内容などをご連絡下さい。
    ATRやRAS等のアタッチメントを使用する際は、コメント欄に記載して下さい。ATRの場合は使用するプリズムも記載して下さい。

    Follow the first use class for operations. When using attachments such as ATR and RAS, please fill in the comments. In case of ATR, please indicate the prism to be used.

    基本情報

    機器番号: 223
    機器状態: 利用可能
    カテゴリー: 02.分光分析
    機器担当者: 川村 和司、平井 智美、平山 里実、飯島 憲一
    機器部局: 理学研究科

PageTop